馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

やっぱりディープに(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。申し訳ございませんが、明日は臨時休業とさせていただきます。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、最近餅を食べることが多くなりました。今年の正月は久々に実家に帰らず、お雑煮も食べなかったなぁと友人と話していると、その友人が餅なんて正月ぐらいしか食べないのに貴重な機会を…、と指摘。確かに奇跡的に70歳オーバーまで生きたとしても、正月だけでは餅を食べる機会は30回あるかないか。焼いても美味しい、吸い物に入れても美味しい、お得なモノをあまり食べていないなということに気づき、ちょっと買ってみたんです。パックの日持ちするヤツなんですけどね。

 これを焼いてですね、砂糖醤油をつけて、海苔で手巻にすると、手間もかからずに実にうまい。しかも、簡単にお腹にたまる。結構、ハマってしまったのです。コレで太ってしまったら、また考えにゃアカンけど、当面は餅+砂糖醤油+海苔(これが美味しいと味がほんとに引き立ちます)を主食にしていきそうな雰囲気が漂っております。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は結構、追い切り取材で忙しかったので、2歳馬の話を聞く時間がほとんど得られず。ということで、各厩舎に以前から聞いている2歳馬情報をお伝えしましょう。本日は池江厩舎を中心です。今まで速攻系の馬を触れたことはあったけど、厩舎の特集でやるのは初めてですかね。

 まずは【ゼッフィーロ(牡、父ディープインパクト、母ワイルドウインド)】ですね。馬主は社台RH。お母さんは仏1000ギニー3着馬です。こちらは非常に能力を買っている様子。「スケールが大きい。中肉中背です。全身バネで、いかにも走るディープ産駒という感じ。クラシックを目指したい」と池江調教師は話します。夏デビューを目指すようで、その点でも順調に育成できている感じが伝わります。

 続いては【トゥデイイズザデイ(牡、父ディープインパクト、母キトゥンズクイーン)】です。馬主は前田葉子さん。こちらは半兄に同じ池江厩舎のヴィヴァンがいます。今年の3歳牡馬戦線で期待していた馬だったんですけどねぇ。この馬も評価は非常に高いようです。「お兄さんよりスケールを感じます。ディープ産駒らしい、薄くてしなやかな馬体で、目指すはクラシックだと思います」と池江調教師。夏デビューを考えているようで、ここまで非常に順調なようです。

 お次は良血馬。ダービー馬マカヒキの全弟になる【ロノマクア(牡、父ディープインパクト、母ウィキウィキ)】です。馬主はもちろん、金子真人HD。こちらもマカヒキのように雄大な馬体のようで、「スケールの大きさを感じます。順調に乗り込まれている」とのことです。早い段階で本州の方には移動するようで、こちらもうまくいけば夏場などの早めのデビューとなるんじゃないでしょうか。

 あとはお父さん、池江泰郎元調教師が馬主の【オールタイムハイ(牡、父ディープインパクト、母ミリアグラシア)】。この血統、池江泰郎オーナーが上も持っていたはずなんですが、「ついに出てきたな、という感じ」と池江調教師の評価が高い。「サンデーサイレンスの子供のような漆黒の体をしていますし、全身バネでいかにも走るディープ産駒という感じです。完成度も高いですね」と口にします。こちらも夏デビューを目指せるとのことでして、今後のさらなる成長が楽しみなところです。

 ディープインパクト産駒以外では、厩舎ゆかりの血統馬になる【アルファヒディ(牡、父ハーツクライ、母ドバイマジェスティ)】ですね。半兄に皐月賞馬アルアイン、そしてダービーで注目を集める存在になってきたシャフリヤールがいます。こちらは父がハーツクライに替わったことで、アルアインとはタイプが違う様子。「こちらはスラッとして、しなやかな感じ。クラシックに乗せないといけない」と話します。ハーツの分か、兄よりデビューは遅くなるかもとのことですが、秋あたりには間に合いそうとのこと。また、話を聞いておきます。

 ということで、今日はここまで。また、明後日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請