【関西学生】関学大の151キロ左腕・黒原拓未が内野安打2本で今季初完封 阪神は7人態勢で視察

関学大の黒原拓未
関学大の黒原拓未

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第1節3回戦 関学大4―0立命大(21日・大阪市南港中央球場)

 今秋ドラフト候補で関学大の最速151キロ左腕・黒原拓未投手(4年)が内野安打2本、2四球に抑え、昨秋の京大2回戦以来、リーグ戦2度目の完封勝利を飾った。

 この日の最速は147キロ。最多阪神の7人を含む10球団23人のスカウトが視察する前で、立命大に三塁を踏ませなかった。「初回から先のことを考えずに、一人ひとり大事にいったのが、いい結果につながった」と、喜びをかみしめた。

 関大に続いて、立命大からは2014年秋季以来、13季ぶりに勝ち点を挙げた。勝ち点を2に伸ばし、単独首位に浮上。2013年秋季以来、15季ぶりの優勝に一歩、前進した。

関学大の黒原拓未
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請