SKE48荒井優希、プロレスデビュー戦の対戦相手から洗礼受け「認めてもらえるように頑張る」

東京女子プロレスの対戦カード発表記者会見に出席した(左から)遠藤有栖、伊藤麻希、荒井優希、渡辺未詩
東京女子プロレスの対戦カード発表記者会見に出席した(左から)遠藤有栖、伊藤麻希、荒井優希、渡辺未詩

 SKE48の荒井優希(22)が21日、都内で東京女子プロレスデビュー戦(5月4日・後楽園ホール大会)の対戦カード発表記者会見を行った。

 14日に東京女子プロレス参戦を発表した荒井は、「YES! WONDERLAND 2021~僕らはまだ夢の途中」と銘打った大会に出場。渡辺未詩(21)とタッグを組み、伊藤麻希(25)・遠藤有栖(23)と対戦することが決定した。デビュー会見では戦ってみたい選手に伊藤を挙げていたが、デビュー戦でいきなり相まみえることになり、「ビックリです。練習をして自信ある姿でぶつかっていきたい。全力でぶつかり、認めてもらえるように頑張ります」とコメント。それに対し、伊藤は「荒井優希にさほど興味を持っていないですね。意気込みを聞いていても、『頑張る』とか『全力』とか当たり前のことなので、いまいちワクワクしていません。現状、SKE48の肩書きに救われているだけのやつとしか思えません」とピシャリ。

 “先輩”のマイクパフォーマンスに圧倒された荒井は「すごく悔しいので、リングの上で分かってもらえたら。練習したことを試合で出したい。かかと落としは、今回の試合でも出せたらなと思います」と対抗。新天地となるリング上での姿に注目が集まる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請