【阪神】ロハスが2軍で練習スタート「ベストな状態で上がれるようにしたい」

打撃練習するロハス(代表撮影)
打撃練習するロハス(代表撮影)

 阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=韓国KTウィズ=が20日、兵庫・鳴尾浜で練習を開始した。

 2軍練習に参加したロハスは朝のミーティングで「オハヨウゴザイマス。ワタシハ、ロハスデス」と日本語であいさつ。キャッチボールや打撃練習で汗を流し「外で練習ができてすごく楽しかったですし、気分も良く練習ができました。後はやっぱり外でしっかり準備をして、ベストな状態でいつでも(1軍に)上がれるようにしたいと思います」と意気込んだ。

 フリー打撃では左右両打席でスイング。「自分の中でライト、センター、レフトにしっかりライナー性の打球を打つのをテーマに練習をしていました」と感覚を確かめた。

 新型コロナウイルスの影響で5日に来日。2週間の隔離期間を経て19日に入団会見を行ったロハス。昨季、韓国リーグで47本塁打、135打点をマークしてMVPを獲得した強打者が、首位を独走するチームに加わった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請