札幌マラソン、10キロマラソンの一般参加中止を正式表明 五輪機運醸成へ5月5日に2500人参加予定も

スポーツ報知
2014年札幌マラソンで繁華街すすきのを駆け抜けるランナーたち

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と北海道、札幌市は19日、同市で実務者会議を開き、5月5日に開催予定の「北海道・札幌マラソンフェスティバル」のうち、10キロマラソンの一般参加中止を正式表明した。

 10キロマラソンでは、五輪へ機運醸成も図るべく一般募集2500人の参加を予定したが、コロナ感染拡大、札幌を対象とした外出・往来自粛要請の延長、医療機関へのリスクなどを考慮し中止となった。

 国内外の男女五輪代表らが実際のコースを走る「札幌チャレンジハーフマラソン」は運営テストも兼ねて実施する方針。参加人数を国内外約90人に縮小し、沿道観戦は自粛を要請する。五輪は競歩が8月5、6日、マラソンが同7、8日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請