羽生結弦「苦しい中の何かの光に」 エキシビションで願いを込めた「花は咲く」

エキシビションで演技する羽生結弦
エキシビションで演技する羽生結弦

 フィギュアスケート国別対抗戦のエキシビションが18日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子で五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=は3月11日に発生から10年を迎えた東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を、思いを込めて舞った。

 演技前にはサプライズスピーチも。「会場にいる皆さま、そして、画面を通してご覧くださっている皆さま、こんにちは。羽生結弦です。さまざまな困難があった中、こうしてこの場にみんなで今シーズン最後にここで滑れたことを本当にうれしく思います。また、僕たちが今日滑った演技から希望や勇気、そして、苦しい中の何かの光になれることを願っています。今日は本当にありがとうございます」と語りかけた。

エキシビションで演技する羽生結弦
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請