【FC東京】元ブラジル代表DFブルーノウビニ「オファーをもらって迷わず決めた」センターバックで定着誓う

 
 

 今季、FC東京に加入した元ブラジル代表DFブルーノウビニ(29)が合流3日目の18日の練習後、初めてオンライン取材に応じた。

 ブルーノウビニは、新型コロナ対策による入国後の2週間の隔離期間を経て、16日にチームへ合流。合流以前もフィジカルコーチからメニューをもらって練習し、部屋でも自主トレーニングに取り組んできたといい「コンディションはいい」と自信を口にした。

 川崎のFWレアンドロダミアン、MFジョアン・シミッチをはじめ、Jリーグに所属する選手と交流があった。また、来日経験もあり「いつか日本でプレーしたいと思っていた。日本からオファーをもらって迷わず決めた」と移籍の決断理由を明かした。

 これまで、イタリア1部・ナポリやイングランド・プレミアリーグのトットナムなど強豪クラブに在籍歴がある。「どのチームにいっても、ほぼ先発で出ていたので、このチームでも目指していきたい。一日でも早く試合に出たい」と話し、「ビックチームや代表での色んな経験をチームに伝えていきたい」と意気込みを口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請