紀平梨花「楽しくないし、うれしくないし、希望もない」腰痛でエキシビション棄権

17日の女子フリーの演技前、腰に手をやる紀平梨花(代表撮影)
17日の女子フリーの演技前、腰に手をやる紀平梨花(代表撮影)

 フィギュアスケートの国別対抗戦の一夜明け取材が18日、丸善インテックアリーナ大阪で行われた。

 腰痛を抱えながら出場した紀平梨花(18)=トヨタ自動車=は「今季試合が少なかったわりには学びが多かった。けっこう成長できたシーズンだった。自分のことを深く知れた。五輪にむけていい経験はたくさんさせてもらえている」と今季を振り返った。

 開幕前に腰を痛め、歩くのもやっとの状態だった。「今はなんか、楽しみもないような状態。立っているだけで痛いっていうか。楽しくないしうれしくないし、希望もない」と苦笑いでうつむいた。

 普段からストイックにスケート中心の生活を送る紀平はシーズンを終えた今、何がしたいかと問われると「何も思いつかない。体がちゃんと動けてトレーニングができるなら、こういう物が食べたいなとか思うけど。でも食べたら動きたくなるし…。動けないならもっとショックになるから。結局食べ物で発散するのは無理。どこかに行くていってもコロナで無理だし、何がしたいか自分でもわからない」と首をかしげ「強いて言えば、寝転がって好きなテレビを見たい。モニタリングとか」と話した。

 この日のエキシビションは棄権した。まずは腰の完治を最優先させ、北京五輪イヤーの来季へ向かう。

17日の女子フリーの演技前、腰に手をやる紀平梨花(代表撮影)
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請