【日本ハム】ロニー・ロドリゲスが自己紹介ラップを披露 決めポーズはネコ

東京Dで入団会見を行った日本ハムのR・ロドリゲス
東京Dで入団会見を行った日本ハムのR・ロドリゲス

 日本ハムに新加入したロニー・ロドリゲス内野手(29)が東京Dで入団会見を行い自己紹介ラップを披露した。3日に来日後、隔離期間を経てこの日1軍本隊に合流。フリー打撃では5本の柵越えを放った。

 オフシーズンは「エル・フェリーノ」名義でラッパーとしても活動する多才な男。入団会見では、スペイン語の即興ラップで自己紹介。「私はロニー・ロドリゲスです♪ ドミニカから来て、野球をここで頑張ります♪」とあいさつした。エル・フェリーノはスペイン語で「ネコ」。内野4ポジション全てをこなし「ちょこちょこしているから」という理由でドミニカ時代に名付けられたという。

 日本では本塁打を放った際には、両手の指を立てた「ネコポーズ」で球場を盛り上げることを約束した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請