宇野昌磨 北京五輪シーズン演目「こういうのかな、というのは決まっている」

宇野昌磨
宇野昌磨

 フィギュアスケートの国別対抗戦の一夜明け取材が18日、丸善インテックアリーナ大阪で行われた。

 男子でSP9位、フリー6位だった宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は「気持ちが定まらないまま試合に出てしまった。今後、そういうことがないように注意したい。悔しいというより、ふがいないと言う気持ち」と、今季最終戦を振り返った。

 来季は北京五輪シーズン。「自分で言うのもあれなんですけど、僕は安定しているものはないかもしれないけど、色んなことが出来る可能性があるんじゃないかなと自分で思っている。なので、可能性を捨てずに色んなことに挑戦していきたい」と話した。

 4回転ジャンプはフリップ、サルコー、トウループの練習に加えて、ループや今大会で挑んだ3回転半―4回転トウループの習得にも励んでいく。来季の演目については「だいたいこういうのかな、というのは決まってきている。頃合いをみて発表できたら」と語った。

宇野昌磨
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請