三浦桃香が引退 紫外線アレルギーによる体調不良のため 98年度生まれの「黄金世代」

三浦桃香
三浦桃香

 女子ゴルフの三浦桃香(22)が17日に放送されたBS―TBSの「裸のアスリート2」で、紫外線アレルギーによる体調不良のため、ツアーから引退することを明かした。

 プロテストに合格していない三浦は日本ツアーの出場権を争う予選会を突破し、単年登録選手として18、19年のツアーに参戦。抜群の飛距離を誇り、花のある選手として人気を集めた。18年には2週連続で最終日最終組を回るなど、逸材がそろう1998年度生まれの「黄金世代」の中でも存在感を発揮した。しかし、20年は下部ツアーを含めて出場資格を得られなかった。

 現在はティーチングプロの資格取得を目指しており、今後もゴルフに携わる。自身のSNSで「三浦桃香らしく頑張っていきたいと思います」などと前向きなコメントを発信した。

 ◆三浦 桃香(みうら・ももか)1999年2月12日、宮崎市生まれ。22歳。8歳からゴルフを始める。2017年、日章学園高を卒業。プロテストは17年から3年連続で失敗。ツアー出場権を争う予選会を経てツアーに参戦。賞金ランクは18年81位、19年110位で賞金シードを獲得できなかった。最高成績は18年サイバーエージェントレディス7位。169センチ、52キロ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請