【巨人】梶谷隆幸止まらん5試合連続安打&打点 「一つでも先の塁へ」止まラン二塁から一気生還

6回1死一塁、右越え二塁打を放つ梶谷隆幸
6回1死一塁、右越え二塁打を放つ梶谷隆幸

◆JERAセ・リーグ DeNA2―7巨人(17日・横浜)

 迷いなく、突っ込んだ。本塁手前で跳ねた投球が捕手のミットをはじき、大きく後方へそれると、梶谷は二塁からスタートを切った。三塁を蹴り、さらに加速した。際どいタイミングだったが、三塁走者に続き一気に本塁へ滑り込んだ。「走塁が一番得意だと思っている。一つでも先の塁にいくのは、自分の思う選手像」という理想通りのプレーだった。

 1―1の6回1死一塁、右翼フェンス直撃二塁打で出塁し、なおも2死満塁。大城への3球目が暴投になると二塁からの好走塁で貴重な3点目をもたらした。昨季まで本拠地としていた横浜スタジアムの特性と敵陣をよく理解しているからこそ、ちゅうちょなく突っ込めた。

 こだわっている走塁に対して、早くから準備をしてきた結果が今に表れる。2月のキャンプ中、実戦に出場し始めた頃から常にシーズンを見越した“脳トレ”ができていた。調整段階だっただけにバンバン走りまくることはしないが「走らないにしても、頭の中ではスタートを切る」ということを意識し続けた。実戦を積み慣れていく中で徐々に盗塁を含めた走塁機会を増やし、シーズンへ照準を合わせてきた。

 5回までは、拮抗(きっこう)した投手戦。上茶谷の粘投もあり、1点止まりだったら流れは分からなかった。原監督が「いいプレーが重なると、いいゲームになるよね」と振り返ったように、2点差にしたことで勢いが生まれた。直後に香月の3ラン、吉川のソロと2者連続アーチが出て試合は決まった。

 開幕直後は打撃不振に苦しんだが、初回無死一、三塁で先制の右前タイムリー。5試合連続安打&打点となり、期間中は18打数10安打、打率5割5分6厘、1本塁打、7打点と大暴れだ。前を打つ松原&坂本の1、2番コンビが好調なだけに好機で回ってくることが多く「より1打席が大事になってきます」と意気込む。走攻守の全てで、まだまだ魅せてくれるはずだ。

(小林 圭太)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請