【大学野球】明大の「11番」新エース・竹田が7回無失点の好投

エースらしい投球でチームを勝利に導いた明大・竹田
エースらしい投球でチームを勝利に導いた明大・竹田

◆東京六大学野球春季リーグ戦第2週第1日▽明大11―0東大(17日・神宮)

 明大は、春からエースナンバーの「11」を背負う竹田祐投手(4年=履正社)が先発し、7回を被安打2で無失点。安定感のある内容でチームを勝利に導いた。

 「球が高く、思っている通りの投球が出来なかったが、11番を付けて弱い部分は見せられない。強い気持ちを持ってマウンドに立った」と竹田。ベンチで見守った田中武宏監督(60)は「オープン戦での競争を勝ち抜いての背番号11。立ち上がりの投球(3者凡退)がチームに安心感を与え、2回の攻撃(3点先取)につながった」と話し、新エースが存在感を示したことを喜んでいた。

エースらしい投球でチームを勝利に導いた明大・竹田
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請