【ソフトバンク】西武に39年ぶりの屈辱で首位陥落 開幕4戦4敗は1982年以来

天敵の高橋光成を攻略できず肩を落とすソフトバンクナイン
天敵の高橋光成を攻略できず肩を落とすソフトバンクナイン

◆パ・リーグ 西武2―1ソフトバンク(16日・メットライフドーム)

 ソフトバンクが39年ぶりの屈辱を味わった。

 対西武の開幕4連敗は09年(1分け挟む)以来だが、引き分けなしとなれば、6連敗した南海時代の1982年以来。西武・高橋には19年から3年越しの8連敗で、1日で首位から陥落した。

 初回2死から天敵・高橋からグラシアルが中堅左へ先制ソロ。幸先良くスタートを切ったが“スミ1”に終わり、8回途中まで2失点と好投した石川を援護できなかった。

 「なかなかフォークが気になると、真っすぐが打てなかったり、バッターのイメージとかもあるんでしょうが、そこを何とか打ち崩さないといけない」と肩を落とした工藤監督。西武に開幕から4戦4敗。「1年間通して戦わないといけない。しっかり切り替えたい」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請