芝田山広報部長 “まん延防止”と五輪開催に懸念「感染を抑えるにはどうしたらいいかを、今一度見つめ直してもらいたい」

芝田山親方
芝田山親方

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は16日、代表取材に応じ、新たに首都圏3県に「まん延防止等重点措置」が適用されることについて見解を述べた。

 同部長は「また今日、注意喚起の通達を出そうと思っている」と説明。協会は、新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインを作成し、定期的に各部屋に指針を出すなどし感染防止に努めている。芝田山部長も「まん延防止措置が出たとしても、私たちはそれ以上の感染対策で臨んで日々過ごしている」と話す。

 また同部長は、“まん延防止”の効果についても憂慮しているという。「これだけ(感染が)増えてきていて、緊急事態宣言の一つ手前でみんなが守ってくれれば良いけど、そうではない状況が続いている」。都内でも感染が増加している現状を踏まえ、今夏に迫った東京五輪についても「オリンピックを目指すのであれば緊急事態宣言より強い何かをしなければ収まらないし、開催も本当に危うくなってくるんじゃないのかな」と述べた。

 ワクチンが国内で行き渡っていない現状も懸念材料の一つとし、「国内の人々がまずワクチンを接種して、感染者を減らして、そして世界からの選手をウエルカムですよと迎える状況を作らないといけない」。感染対策が難しい現状に理解を示しつつ、「この感染を抑えるにはどうしたら良いかと言うことを、今一度見つめ直してもらいたい。生活できない人がすごく増えてきている。影響力がある人が行動に出ないと、若い人に伝わっていかないんじゃないか」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請