アイスダンスの小松原美里、尊組は自己ベストで5位「次につながる」

演技する小松原美里(上)、小松原尊組(代表撮影)
演技する小松原美里(上)、小松原尊組(代表撮影)

◆フィギュアスケート ▽世界国別対抗戦 第2日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)

 アイスダンスのフリーダンス(FD)で小松原美里(28)、小松原尊(29)組=ともに倉敷FSC=は自己ベストの100・82点で6ペア中、5位だった。演技を終えると抱き合って喜び、尊は「今はすごく難しい時期ですが、日本のみなさまの前で演技ができることはとても幸せでした。小さい失敗もいい勉強になりました」と振り返り、美里も「次につながる収穫が得られた」と喜んだ。

 米国出身で夫の尊(ティム・コレト)は昨年11月に日本国籍を取得。北京五輪出場を目指している。来季はリズムダンス(RD)、FDともに新たなプログラムに取り組む予定。美里は「自分たちに合ったスタイルで存分に魅力を出していけるように、できることをやりたいと思います」と決意を新たにした。

 この種目を終えて日本は全体3位。上位は変わらず1位がロシア、2位が米国となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請