【ヤクルト】青木宣親、内川聖一、川端慎吾が1軍合流…コロナ濃厚接触者から復帰

青木宣親
青木宣親

 新型コロナウイルスの濃厚接触者に認定されていた、ヤクルトの青木宣親外野手(39)、内川聖一内野手(38)、川端慎吾内野手(33)が16日の阪神戦(甲子園)で1軍に合流した。試合前練習に参加し、青木と内川は出場選手登録された。

 ヤクルトでは、3月31日に西田と球団スタッフが新型コロナウイルス陽性判定を受けた。濃厚接触者に認定された3選手は14日間の隔離期間を終えて14日のイースタン・リーグ、巨人戦(戸田)で実戦復帰。いずれも2軍戦は2試合に出場し、青木が7打数2安打、内川が4打数無安打、川端が5打数2安打だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請