御嶽海 後輩の競泳・萩野公介へエール「五輪で金メダルを取って大きな刺激を与えてくれることを楽しみに」

スポーツ報知
鏡で動きを確認しながらすり足を行う御嶽海(代表撮影)

 大相撲の関脇・御嶽海(28)=出羽海=が16日、都内の部屋での稽古後、代表取材に応じ、競泳男子で東京五輪に内定している萩野公介(26)=ブリヂストン=にエールを送った。

 萩野は東洋大の後輩で、卒業後も親交がある。今月行われた日本選手権で2種目代表権を獲得した萩野には、電話で祝福したと明かし「大会当日の夜に電話して出なかったけど、折り返しでかかってきた。(200メートル個人メドレーでは)0秒02差の僅差で(2位で)も、五輪に出られることになって良かったな、頑張って」と伝えたという。

 2016年リオ五輪の男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得して以降、一時は不調に陥った萩野。コロナ禍に見舞われる前には、食事も共にし「プロの道を選んだ者の責任として、遠回りをしたとしても、やり続けることが大事」と助言したという。今回萩野は、400個メの出場は見送った。御嶽海は「水泳から距離を置いて、分かったこともあったんだと思う。種目を絞って出場したことが良かった」と、復活を喜んだ。

 日本選手権前に萩野は、御嶽海の地元でもある長野・東御市で合宿を行っていたという。「高地トレーニング用プールで合宿していたみたいで。『先輩が出ている地元のCMを、宿舎のテレビで見た』って言われた。5月にまた行くというので、食材を差し入れすると言った」と、五輪に向けても背中を押すつもりだ。

 自身も春場所では勝ち越したものの、目標とした10勝には届かなかった。まずは夏場所、存在感を発揮して後輩に“エール”をおくりたい。「夏場所でも2桁勝利を目指すのは変わらない」と表情を引き締め、萩野には「五輪で金メダルを取って、自分に大きな刺激を与えてくれることを楽しみにしている」と期待をよせた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請