瀬古利彦さん「ゆっくり休んでほしい」 長男・昴さんが悪性リンパ腫で死去 34歳

瀬古利彦さん
瀬古利彦さん

 日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(64)の長男である昴(すばる)さんが13日午後10時37分、悪性リンパ腫の一種、ホジキンリンパ腫のため神奈川県内の病院で死去したことが16日、発表された。34歳だった。葬儀・告別式は19日に家族葬で行う。喪主は父・利彦氏。

 東京都出身の昴さんは、25歳でホジキンリンパ腫を発症し入退院を繰り返した。今年3月には闘病生活についてつづった本「がんマラソンのトップランナー(文芸春秋企画出版部)」を出版。利彦さんは「厳しい治療を何度も乗り越えながら、明るく前向きに生きました。今はただゆっくり休んでほしいと思います」とコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請