【広島】大瀬良大地が下半身のコンディション不良で登録抹消へ 佐々岡監督「本人も悔しそうな顔で『すみません』と言っていた」

スポーツ報知
背負われてグラウンドを離れる大瀬良大地

 広島の大瀬良大地投手(29)が15日、下半身のコンディション不良で練習を中断し、きょう16日に1軍登録を抹消される見込みとなった。

 大瀬良は阪神戦前の練習で、ダッシュ中に異変を感じ、永川投手コーチに背負われながらグラウンドを去った。そのまま広島に戻った。16日に広島市内の病院で診察を受ける予定だ。

 佐々岡監督は「抹消になると思う。(エースの離脱は)痛いです。本人も悔しそうな顔をして『すみません』と言っていた。責任感の強い男だし、早く治して帰ってきて欲しい」と話した。

 昨年9月に右肘手術を受けたが、今季も3年連続で開幕投手を務めるなど3試合で2勝0敗、防御率はリーグ3位の0・89だった。

 大瀬良が先発予定だった16日の中日戦(バンテリンD)は2軍調整中だった遠藤が代役として先発する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請