【DeNA】ドラ2牧秀悟が5号2ランなど打点トップに「完璧に捉えることができました」

3回2死一、二塁、右中間に2点適時二塁打を放った牧秀悟
3回2死一、二塁、右中間に2点適時二塁打を放った牧秀悟

◆「JERAセ・リーグ公式戦」ヤクルト―DeNA(14日・神宮)

 DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が、5号ソロを放った。

 まずは両軍無得点の3回。2死一、二塁で右中間を破る2点適時二塁打を放って、先取点をたたき出した。同学年で同期の先発、ドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=を援護。「打ったのはスライダーです。チャンスだったので、積極的にいきました。同期の入江がランナーで出てくれたので、還すことができて良かったです」と笑顔を見せた。

 さらに4点を追う6回先頭では、右翼へ5号ソロ。「打ったのはストレートです。完璧に捉えることができました。とにかく塁に出ようと思い打席に入りました」とうなずいた。17打点目で、この日16打点目をあげたヤクルト・村上の目の前で、この時点でリーグ単独トップとなる打点をたたき出した。チームは4連敗中と沈み、ソトとオースティンも代打出場に限られる中、圧倒的な存在感を示した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請