【晴山由梨きょうも釣り日和】マルイカ20杯、小さな違和感にアワせて

スポーツ報知
由梨ちゃんが繊細なアタリを捉えて釣り上げた20センチ級のマルイカ(長三朗丸で)

 釣りガールの晴山由梨が、相模湾でマルイカに挑んだ。繊細な乗りを体感するため、葉山あぶずり港の報知指定・長三朗丸の乗合船に乗り込んで、亀城根や城ケ島沖へ。マルイカ特有の竿先をわずかに抑え込む微妙なアタリに苦しんだが、20センチ前後の小型ながらマルイカを次々に上げた。20杯を釣った由梨ちゃんは「面白かった」と大満足だった。

 「今年のマルイカは調子がいいらしい」。そんな情報が私の耳に入ってきました。これは何としても、あの乗りを体感しなくては! ということで、あぶずり港の長三朗丸へ。

 「最近は型が小さいから、スッテも小さいほうがいいよ」と、出船前に常連さんからのアドバイス。マルイカ釣りではスッテと呼ばれる、プラスチックの先にカンナというハリが付いたものを5~8本ほど使います。長さや色、周りに糸が巻いてあるものなど種類は様々で、その選択が釣果を左右することも。まずはピンクや緑、青など定番カラーを5つチョイスして、小さめのスッテも交ぜてみることにしました。

 釣り場の亀城根に到着。石垣玄船長の合図で一斉にオモリを軽く前方に投げて仕掛けを海中へ。水深は60メートル前後。仕掛けが底に着いたら、竿先を小刻みに振ってスッテを動かし、マルイカにアピールします。そしてある程度揺らしたら、ピタッと止める。この止めた瞬間にマルイカがスッテに触ってくることが多いので、竿先に“全集中”。マルイカのアタリはとても繊細です。竿先がわずかに曲がる程度。少しでも違和感があったら、竿を持ち上げて、とにかくアワセていきます。

 この日の2流し目。竿先が波の揺れとは少し違う動きをしたような…? 半信半疑でアワセてみると、ズシッと重みが加わります。マルイカだ! アワセた時に釣った人にしか分からない、イカ独特の「乗り感」があるんですが、これがたまらなく快感なんです★ 仕掛けを上げてみると、なんと、マルイカが2杯掛けで上がってきました。いきなりダブルなんて、幸先がいい!

 石垣船長は反応を探して、城ケ島沖へ。「かなり大きな反応があるよ」と石垣船長は釣り人をやる気にさせます。しかし、全体的にサイズは20センチ前後と大きくないので、それだけアタリも小さくて繊細。それならば題して「どんな小さな違和感でもアワせる作戦」。この釣り方で1杯ずつ、地道にマルイカを追加していくことができました。

 この日の私の釣果は、マルイカ20杯、ムギイカ1杯。中には30センチ近いサイズの良いものも1~2杯交じりました。一日で20杯も釣れたなんて何年ぶりだろう。今年はマルイカの当たり年かも★(タレント)

 ◆めも マルイカ釣りの近況、乗合船はあぶずり港長三朗丸(TEL090・3349・4882)。乗合船は午前7時出船。料金は9000円。氷は別売り(300円)。駐車場あり。女性割引あり。

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「ジャパンインターナショナルボートショー2021が、オンラインで始まりました。17日には海ゼミで小野瀬みらいちゃんと『女子二人旅でボート遊び』の生配信を行います。ぜひご覧ください。このほかのテレビやイベント出演などについてはインスタグラムなどでお知らせします。チェックしてみてください」

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請