【中日】坂本に2点適時二塁打、梶谷に2ラン…勝野昌慶3回に一挙5失点と大炎上

3回、マウンドに集まる勝野昌慶(左から2人目)ら中日ナイン(カメラ・相川 和寛)
3回、マウンドに集まる勝野昌慶(左から2人目)ら中日ナイン(カメラ・相川 和寛)

 ◆JERAセ・リーグ 巨人―中日(14日・東京ドーム)

 中日先発・勝野昌慶投手(23)が3回に突然制球を乱し、巨人打線の集中打を浴びた。

 初回、2回と3者凡退の順調な立ち上がりを見せた右腕。しかし、3回先頭の香月に中前打を許すと1死一、二塁から松原に先制適時打。さらに坂本に三塁線を破られる2点適時二塁打、梶谷には右中間に2ランを浴び、打者10人の猛攻を受けて5失点と炎上した。

 投手の畠が送りバントを失敗するなど相手のミスもあっただけに、勝負どころで甘く入ったフォークが悔やまれる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請