【DeNA】開幕投手の浜口遥大が初勝利へ、15日に今季初中5日「村上選手は注意したい」

スポーツ報知
浜口遥大

 DeNA・浜口遥大投手(26)が14日、先発する15日のヤクルト戦(神宮)へ向けてキャッチボールやランニングなどで最終調整した。

 開幕投手を務めた左腕はここまで3試合に登板して0勝2敗、防御率6・43。全試合で初回に失点するなど立ち上がりに苦しんでいる。15日は今季初の中5日でのマウンド。「開幕から3試合は立ち上がりから失点しているので、そこに対する準備の部分と、自信を持ってマウンドに上がれる準備をしてきました」と意気込んだ。

 ヤクルト戦の登板は今季初。「足が速い選手が多く、クリーンアップに関しては長打が出ているので、イニングの先頭打者を出さないことをとにかく意識していきたいです。また無駄なランナーをためずに、3人でイニングを切って守りからリズムを作れるようにしたいです。村上選手は注意したいですが、前後に足の速い打者もいるので、分断してランナーをためないようにしたいです」と警戒心を強めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請