大阪堀江、4回コールド勝ちで8強入り!…第17回大阪南さくら大会

2回戦でコールド勝ちし、喜ぶ大阪堀江ナイン
2回戦でコールド勝ちし、喜ぶ大阪堀江ナイン

◆第17回大阪南さくら大会 ◇小学生の部 ▽2回戦 大阪堀江ボーイズ9ー2大和ボーイズ =4回コールド=(10、11日・泉南市民球場ほか)

 小学生の新チームによる「第17回大阪南さくら大会」は11日、2回戦8試合が行われた。ホストチームの一角・大阪堀江ボーイズ(大阪南支部)は4回コールド勝ち。同じくコールドで勝利した京都洛北(京都府支部)らとともに、8強入りを決めた。

 大阪堀江の“攻撃型野球”は今年も健在だ。その真価が発揮されたのは1点を追う3回。まずは無死二塁から4番・金園主将が中越え二塁打し同点。さらに弓場が中前適時打、峯岡も左前へタイムリーを放ち、試合を一気にひっくり返した。

 4回にも、前川、弓場が連続適時打。さらに久次米が「とにかく走者をかえそうと思った。自分の力が出せた」とこの日3安打目となるタイムリー。4点を奪い、コールド勝ちを決めた。この間、犠打はなし。つないでつないで得点する、見事な攻撃だった。

 元々「送りバントはしない」がモットー。さらに今年は早川監督が「野球を知っている子が多いし、堅実な野球をしたい」と守備面も強化。この日は無失策とその成果を発揮、先発し5安打2失点とまとめた藤本も「2点取られて少し焦ったが、みんながしっかり守ってくれた」と感謝した。

 持ち味を存分に見せての8強入りに、2安打1打点の5番・前川が「どんどん次につなげる野球ができた。この得点する方程式をしっかり築いていきたい」と言えば、金園も「打線がつながり点が取れてよかった。もっと打ってみんなを引っ張りたい」と目を輝かせた。

2回戦でコールド勝ちし、喜ぶ大阪堀江ナイン
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請