坂本花織、21歳初戦へ「やることは大人にしていかないといけない」 誕生日はサプライズ祝いも…

スポーツ報知
坂本花織

 フィギュアスケートの今季最終戦、世界国別対抗戦(15~17日、丸善インテックアリーナ大阪)に臨む日本代表が14日、オンラインで取材に応じた。

 女子の坂本花織(シスメックス)は、今月9日に21歳の誕生日を迎えたばかり。3月の世界選手権(スウェーデン)帰国後の隔離期間だったが「一緒に練習した選手の子たちが、色々サプライズをしてくれました」と、バースデームービーなどで祝福を受けたことを明かした。

 今大会は、21歳になって初の公式戦。「正直、19から20(歳)になるときは大人だなと思ったけど、20から21はそこまで変わらなくて、1個数字増えたなぁと(笑い)。でも、やっていくことは大人にしていかないといけない」と背筋を伸ばした。

 今戦に向けては、ルッツの踏み切りを重点的に調整。15日のショートプログラムへ「レベルのとりこぼしもなく、ルッツもちゃんとしたエッジで跳んで、思い切りのいいショートができたらいいなと思っています」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請