【札幌】立正大MF田中宏武、練習初参加 20日デビューも

ボールキープするJ1札幌への来季加入が内定した立正大MF田中宏
ボールキープするJ1札幌への来季加入が内定した立正大MF田中宏

 J1北海道コンサドーレ札幌への来季加入が内定した立正大MF田中宏武(ひろむ、21)が13日、宮の沢で練習に参加した。9日の仮契約後、初のトレーニングを終え「もう練習生という立場じゃない。競争に入っていけるように持ち味を出したい」と意気込んだ。

 スピードが武器のサイドアタッカーは、札幌の3―6―1のシステムに「自分の中では左サイドが一番合っているかと」と思い描く。右利きだが左足も巧みに操れ、カットインからの攻撃参加や精度の高いクロスで得点機を演出できるのが強み。15日には出場選手登録が完了する予定。「どんどん試合に絡んでいきたい」。20日のルヴァン杯・鹿島戦でのプロデビューを目指す。

 1歳下の弟、仙台MF田中渉は19年、同じ群馬・桐生第一高から直接プロ入りした。「ずっと兄より弟と言われたり比べられてきた。イライラした時もあったが、同じプロになれてうれしく思う。これからは弟より兄と言われるように活躍していければ」。反骨心も胸に、田中宏が北の大地で飛躍を図っていく。(砂田 秀人)

ボールキープするJ1札幌への来季加入が内定した立正大MF田中宏
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請