【オリックス】呪縛説いた! 16試合目で初2ケタ安打

2ケタ安打で快勝したオリックス・ナイン
2ケタ安打で快勝したオリックス・ナイン

◆パ・リーグ ソフトバンク4―7オリックス(13日・福岡ペイペイドーム)

 呪縛を解き、面白いようにつながった。2点リードの9回1死満塁だ。4番の中川圭が中越え2点二塁打。開幕から16試合目で初の2ケタ安打に到達し、61年の近鉄に並ぶパ・リーグワースト記録を回避した。

 「よく頑張りましたけどね。最後、よくつながりました」とラストイニングの5得点を喜んだのは中嶋監督だ。この日が試合数と同じ16通り目の打線。試行錯誤しながら、ビシッと采配も決めた。同点の6回1死一、三塁で、2安打を放っていた杉本に代打・T―岡田。生え抜き16年目の大砲も勝ち越し打で応えた。

 「代わっていく選手、試合に出ていない選手の気持ちを持っています」と集中力を高め、代打で3打数2安打。得点圏でも4打数3安打と結果を残している。

 昨年5勝しかできなかったソフトバンクに3連勝するのは、19年7月以来のオマケつき。眠っていた打線に“ケチャドバ”を予感させる快勝だ。(長田 亨)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請