【ボートレース】15日から多摩川でヴィーナスシリーズ 小野生奈ら豪華メンバー集結

レディースオールスター優勝後も好調を維持している小野
レディースオールスター優勝後も好調を維持している小野

 ボートレース多摩川では15日から20日までの6日間、「ヴィーナスシリーズ第2戦 是政プリンセスカップ」が行われる。今月からスタートした薄暮開催での戦い。今年2月、芦屋のレディースオールスターを制した小野生奈を筆頭に、遠藤エミ、平高奈菜、松本晶恵、浜田亜理沙ら超豪華メンバーがそろった。迎え撃つ地元勢も広中智紗衣、清水沙樹らトップクラスが勢ぞろい。夕暮れの静水面で、華麗な技の応酬を繰り広げる。

 今年最初の女子ビッグレースだったレディースオールスター(LAS)。地元・芦屋で強さを見せたのは小野だった。抜群の伸びを引き出し予選首位からの王道V。昨年は1Vと不振にあえいでいただけに、価値ある優勝と言えるだろう。その後は戸田、福岡と2節走り、どちらも優勝戦2着と好調を維持。なんといっても武器は女子屈指の調整力で、ある程度のエンジンを引けばかなりの水準まで仕上げてくる。多摩川は優勝こそないものの優出は3回と苦にはしていない水面だ。勢いそのままに初日ドリーム戦1号艇に選出された今節。初Vへの機運は高まっていると言える。

 そのLAS優勝戦で小野に肉薄した遠藤も優勝候補の一角だ。まだ本来の輝きを取り戻しているとは言えないが、それでも随所に女子トップクラスの鋭いターンを見せている。スピードが生きる当地は間違いなく向いている水面で、17年3月には優勝経験もある。近況エンジン出しに苦労する側面もあるが、多摩川は機力差も少なく問題はなさそうだ。1月蒲郡に続く今年2度目のVを狙う。

 昨年末のクイーンズクライマックス(浜名湖)で初タイトルを獲得した平高は今年も既に2Vと、勢いは止まらない。2節前の福岡から次節のとこなめまで連続中0日出場の強行日程だが、レースぶりにいまだ疲れは感じさせない。当地で目立った活躍はないが、女王の貫禄を見せて欲しい。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請