【楽天】岸孝之、6回自責点1の粘投も味方の拙守に泣く…19年から続く連勝も10でストップ

楽天先発の岸孝之
楽天先発の岸孝之

◆パ・リーグ 楽天2―6ロッテ(13日・楽天生命パーク)

 楽天は守備の乱れが出て今季初の2連敗となった。岸孝之投手(36)が先発し、6回4安打3失点(自責1)、7奪三振の粘投及ばず、今季初黒星を喫した。また、2019年9月16日・オリックス戦(京セラD)から続いていた自身の連勝も「10」で止まった。

 初回を三者凡退に仕留め、好発進したが、1―0の2回2死で高卒3年目の山口に同点ソロを浴びた。初球からカーブを2球続けて3球目もカーブを選択するも、裏目に出た形となった。

 2回以降は140キロ前後の直球を決め球にゼロを重ねた。1―1のまま試合が動いたのは6回だった。先頭のマーティンに四球を与えると、続く中村奨が犠打を決めて1死二塁。ここで安田から空振り三振を奪い、2死までこぎつけた。ここでレアードに対し、2ボールから2球カーブを続けてカウント2―2とした。3度首を振り、ウィングショットは直球。タイミングを外して三塁へゴロを打たせたが、ショートバウンドとなった当たりを渡辺佳がファンブルする失策。2死一、三塁にピンチを広げると、一発を打たれていた山口の初球に投じたチェンジアップを下妻が捕逸し、三塁走者が生還。これが決勝点となった。

 さらに、山口にも右前適時打を浴びて2失点。この回限りでマウンドを降りた右腕は「状態はまあまあでした。特別何もないです」と淡々と振り返った。

 打線は初回に島内、浅村の連続二塁打で1点を先取するも、2回以降は相手先発・石川を打ち崩せず。9回に1点を返すも反撃もここまで。チームは今季初の連敗となった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請