「花のニッパチ組」元関脇・麒麟児が死去 67歳

スポーツ報知
1978年1月の初場所の土俵に上がった麒麟児

 日本相撲協会は13日、元関脇・麒麟児の垂沢和春さんが3月1日に多臓器不全のために死去していたことを発表した。67歳だった。告別式はすでに家族葬にて執り行われた。

 1953年3月9日、千葉・柏市出身。二所ノ関部屋から1967年夏場所で初土俵。74年秋、新入幕を果たした。第55代横綱・北の湖など有力力士がそろう昭和28年(1953年)生まれは「花のニッパチ組」と称され、土俵を沸かした。88年秋に引退し、その後は年寄「北陣」を襲名した。幕内在位は84場所で580勝644敗34休。通算成績は773勝792敗34休。敢闘賞4回、殊勲賞4回、技能賞3回、金星6個。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請