【DeNA】32歳育成右腕のシャッケルフォードが2軍で初登板1回無失点、最速152キロ

スポーツ報知
DeNAの球団旗

◆イースタン・リーグ ロッテ―DeNA(13日、浦和)

 DeNAの育成右腕ケビン・シャッケルフォード投手(32)が、イースタン・リーグのロッテ戦(浦和)で日本デビューした。3回から2番手で登板すると、1イニングを9球で1安打無失点に抑えた。最速は152キロを計測した。

 先頭の高部には中前安打を許したが、続く福田秀の打席で飛び出した走者を見逃さず、挟殺プレーでしっかりアウトにした。福田秀の投ゴロをファンブル(記録は失策)で出塁を許すも、1死一塁から福田光を注文通りの一併打で抑えた。

 シャッケルフォードは、196センチ、95キロの長身右腕。17年にレッズでメジャーデビューし、通算31試合で0勝1敗、防御率5・35の成績を残し、マイナーでは通算264試合で、18勝27敗42セーブ、防御率3・48だった。18年にじん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けたこともあり、ここ2年は登板がなく、育成契約となった。

 本来、今年度26歳以上になる新入団育成外国人の支配下登録期限は3月末だが、来日が遅れたことなどから特例で7月末まで延長された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請