東北福祉大同級生、ヤマハ野球部・伊藤直輝マネ「相当すごいこと。もう住む世界が違う」

東北福祉大でエース兼主将として活躍したヤマハ・伊藤
東北福祉大でエース兼主将として活躍したヤマハ・伊藤

 男子ゴルフのメジャー大会、マスターズで日本人として初めて優勝した松山英樹(29)と東北福祉大で同級生だったヤマハ野球部(静岡)の伊藤直輝マネジャー(29)が12日、歴史的快挙を喜んだ。

 大学時代は伊藤マネが野球部主将で、松山がゴルフ部主将。競技こそ違うが、お互いに高め合ってきた仲間だった。「(松山は)大学1年から知っていた。会えば、よく、しゃべっていました」。同期のメジャー制覇に「相当すごいこと」と、驚きを隠せなかった。

 優勝はネットの情報で知ったという伊藤マネ。最終日を4打差の首位で迎え、「優勝してくれたらいいなって思ってました」と、応援していた。自身もゴルフをプレーするが、「スコアなんて言えるほどではないです」と、笑った。

 伊藤マネは09年に日本文理のエースとして新潟勢で初めて夏の甲子園決勝に進出。中京大中京(愛知)と球史に残る激闘を繰り広げて敗れた(9●10)ものの、準優勝に貢献した。東北福祉大に進学して社会人のヤマハに入社。一昨年の都市対抗を最後に現役引退し、現在は裏方としてチームを支える。「もう住む世界が違うところにいますね」と、世界の頂点に立った同級生に拍手を送った。

東北福祉大でエース兼主将として活躍したヤマハ・伊藤
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請