東京五輪の公式映画監督・河瀬直美さん「確実に私がこの時代を記録する」地元・奈良で聖火リレー

東大寺南大門でトーチを掲げ、笑顔を見せる映画監督の河瀬直美(代表撮影)
東大寺南大門でトーチを掲げ、笑顔を見せる映画監督の河瀬直美(代表撮影)

 東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーは12日、奈良県の2日目を迎えた。

 奈良市出身で、東京五輪の公式映画監督を務める河瀬直美さん(51)が、同市の春日野園地から東大寺南大門までをつないだ。丁寧にお辞儀をして南大門をくぐり、奈良県の最終ランナー・奈良マラソンの歴代優勝者6人とトーチキス。大役を果たし、安どの表情を浮かべた。

 地元での聖火リレーに河瀬監督は「様々な思いを持って走りました。奈良は変わらない街。世界遺産の街で、鹿も一緒に生きている。神様のお庭で走れてすごくうれしかった」と感慨深げに話した。スタート地点の春日野園地には思い出があり、「春日野プールというのがあった。夏休みに遊び場として過ごしていた。でもなくなって、さみしい思いだった。そこを走れてよかった」と笑顔を浮かべた。

 奈良県で聖火リレーが行われていた2日間は、映像撮影にも取り組んだ。聖火ランナーだけでなく、声援が禁止されている中でも懸命に応援する家族や小さな子どもなど、沿道にもカメラを向けた。「コロナ禍で時代の転換期に来ている。確実に私はこの時代を記録するんだなと思っている。その映像を100年後の人類が見たときに、何か指針になればいいなと思っています」と、改めて映画監督としての胸の内を話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請