【U―17日本代表】元日本代表MF中村憲剛が「ロールモデルコーチ」として参加 止める蹴るを伝授

選手とリフティングをするロールモデルコーチの中村憲剛氏
選手とリフティングをするロールモデルコーチの中村憲剛氏

 J1川崎で活躍した元日本代表MF中村憲剛氏(40)が、12日から千葉県内で始まったU―17日本代表候補合宿で「ロールモデルコーチ」として指導者デビューを果たした。同コーチとして契約を結んだのは、昨年9月の元日本代表DF内田篤人氏(33)に続く2人目。黒い指導者用のウェアを身にまとい、積極的な声かけで指導にあたった。

 リフティングやパス回しには自らも参加し、選手からは「憲剛さん」と呼ばれなじんだ様子が見られた。より実戦に近いポゼッションのメニューでは「もっと距離詰めて!」「テンポ速く!」と声を響かせ、細かなコーチング。C級ライセンスを持つ中村氏は、「僕の小、中、高、大、プロ、日本代表と培ってきた経験を、選手たちに伝えていきたい」とコメントしていた通り、初日から熱心な口調でアドバイスを送っていた。

 今季の開幕戦でJ2最年少出場記録を更新した東京VのMF橋本陸斗(16)も、今やJリーグのトップを走る川崎の礎を築き上げた中村氏から、貪欲に学ぶ姿勢を見せた。練習前、中村氏からは「上のレベルにいくほどファーストタッチが大事」と話があったという。中村氏が現役時代常に大事にしてきた「止める蹴る」。改めてそのすごさを感じ、「止める蹴るの基礎的な部分を学びたい。日本代表の話も聞きたいと思ってる」と意欲を示した。

 U―17日本代表の森山佳郎監督も「中村憲剛さん自体が日本を代表する指導者になる資質を持ってる方。選手にとってはとてつもない刺激をもらえる存在。受けるアドバイスは選手にとって、これ以上ない素晴らしいアドバイスになると思う」と、今後の指導者としての活躍に大きな期待を寄せた。

選手とリフティングをするロールモデルコーチの中村憲剛氏
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請