【谷井孝行の目】丸尾知司、暑さ克服し終盤逆転 夏開催の五輪本番へ弾み

丸尾知司
丸尾知司

◆競歩 全日本輪島大会(11日、石川・輪島市日本陸連公認)

 東京五輪男子50キロ競歩代表の残り1枠を争う最終選考会は17年ロンドン世陸4位の丸尾知司(29)=愛知製鋼=が3時間38分42秒の大会新記録で制し、初の五輪切符を獲得した。一時は19年ドーハ世陸代表の野田明宏(25)=自衛隊=に引き離されたが、同僚で東京五輪20キロ代表の山西利和(25)との合宿で培った美しい歩型で粘り、終盤に逆転。競歩大国の一員としてメダル獲得を目標に掲げた。

 * * *

 残り1枠を巡る、白熱した五輪選考会。丸尾選手は3時間38分台の好記録でまとめ、本物の強さを感じさせた。日差しが強く、レース中は気温も上昇して暑さを感じたはず。一度は野田選手に離されても自分のペースを守って粘り、終盤の逆転劇へつなげた。暑さの中で50キロを歩く力を示せたことは、夏開催の五輪へ大きな弾みになる。

 丸尾選手は体重移動で前への乗り込みがよく、力強い動きを表現できるのが魅力。以前は、疲れると背中が反って脚がばたつくのが気になっていたが、動きも改善されている印象だ。世陸代表経験もあり、五輪も力を発揮できれば、メダル候補の力を十分備えている。

 男子50キロの五輪代表が出そろい、自己記録の日本歴代トップ3がそろい踏みする形になった。コロナ禍で有力海外勢の動向は不透明な部分もあるが、持ちタイムはもちろん大きなアドバンテージになる。暑熱対策を万全に舞台に立てば、おのずと結果につながるだろう。(15年北京世界陸上50キロ銅メダリスト、自衛隊コーチ)

丸尾知司
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請