【皐月賞展望】デビュー3連勝で共同通信杯を制したエフフォーリアが中心

スポーツ報知
皐月賞の主な出走予定馬。※騎手は想定

 第81回皐月賞・G1が4月18日、中山の芝2000メートルで行われる。

 デビュー3連勝で共同通信杯を制したエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が中心。エピファネイア×ハーツクライの配合に女傑ヒシアマゾン、切れ者アドマイヤムーンを出したケイティスの牝系。中山は初コースになるが、スケール感あふれる走りで難なく攻略してしまう可能性が大きい。若武者・横山武騎手の手綱でクラシックのメインストリームを担う好素材だ。

 新馬、東京スポーツ杯2歳S、ホープフルSを3連勝して、最優秀2歳牡馬に輝いたダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)が続く。前走のディープインパクト記念報知杯弥生賞は3着に敗れたが、ひと叩きしての上昇度が抜群。中間は気迫のこもった走りを見せ、反撃の態勢は整った。走り慣れた中山2000メートルでの経験値を武器に、復権、戴冠の期待は高まる。

 梅花賞、すみれS連勝中のディープモンスター(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が侮れない存在。デビューから徹底して2000メートル超を使われ4戦3勝。ポテンシャルの高さは疑いようがない。父ディープインパクトに、母が米重賞勝ち馬の配合。重賞は未出走だが、一気のG1ゲットへ、不気味な雰囲気が漂っている。

 初めての中山コースとなったスプリングSで重賞初制覇を果たしたヴィクティファルス(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は、デビュー2戦目、長距離輸送もあった共同通信杯でもエフフォーリアの2着に入った素質馬。馬場も不問で、どんな状況下でもしっかりとした末脚を繰り出せる安定感が魅力だ。

 新馬、京成杯を連勝中のグラティアス(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)は、レシステンシアの半弟で、先行力が武器。メンタルを上手く制御できれば、勝ち負けに加われる地力を秘める。

 きさらぎ賞勝ち馬のラーゴム(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)、ホープフルS3着、きさらぎ賞2着ヨーホーレイク(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)、エリカ賞、若葉S連勝中のアドマイヤハダル(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)、共同通信杯5着からの巻き返しを期すステラヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)、前走のディープインパクト記念報知杯弥生賞を逃げ切ったタイトルホルダー(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎)、朝日杯FS3着のレッドベルオーブ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)、スプリングS2着で皐月切符をゲットしたアサマノイタズラ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)もコース適性を生かしたい一戦。(大上 賢一郎)

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×