【G大阪】クラブワーストの開幕4試合無得点で敗北 宮本監督「1点入れば解放される…」

G大阪・宮本恒靖監督
G大阪・宮本恒靖監督

◆明治安田生命J1リーグ第9節 柏1―0G大阪(11日・三協F)

 G大阪は柏に0―1と敗れ、開幕から4試合連続無得点のクラブワースト記録を更新した。新加入の190センチFWレアンドロ・ペレイラと、189センチFWパトリックの2トップが先発。“ツインタワー”で今季初ゴールを狙ったが機能せず、ペレイラは前半のみで交代し、後半開始からFW宇佐美を投入。同7分には宇佐美がカウンターから決定機を迎えたが、シュートは柏DFの粘り強い守備にあって決めきれず。後半31分にはセットプレーから柏MF大谷にゴールを奪われて敗れた。

 新型コロナの集団感染による出遅れにより、この試合が今季4試合目だが、いまだ2分け2敗と未勝利。宮本恒靖監督(44)は「選手はしっかりと戦ってくれています。球際で厳しく戦う姿勢を見せてくれている。1点入れば、解放されるのではないかと思います」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請