【東都大学準硬式野球】専大・大平が4安打2打点

逆転タイムリーなど4安打2打点と活躍した専大・大平(
逆転タイムリーなど4安打2打点と活躍した専大・大平(

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 専大8―5帝京大(11日・上柚木公園)

 専大が逆転で今季初戦を飾った。2点を追う2回、松本夕輝(3年=多摩大目黒)の適時打で1点を返すと、さらに大平裕人(2年=札幌第一)の2点適時打で逆転。3回以降も着実に追加点を挙げてリードを広げ、小倉一優(4年=星稜)から松岡颯太(4年=海津明誠)につないで逃げ切った。帝京大は初回、鬼石尚樹(3年=昭和第一学園)の適時打などで2点を先制。相手と同数の12安打を放ったが、5投手が崩れたことが響いた。

 専大・大平裕人「初回に先制点を取られましたが、必死に追いつこうと1打席1打席、集中して打席に入りました。明日も雑にならず、一戦必勝で頑張ります」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請