丸尾知司が輪島競歩V 50キロ最後の代表1枠勝ち取る

先頭で歩く丸尾知司
先頭で歩く丸尾知司

◆陸上 全日本競歩輪島大会(11日、石川・輪島市)

 五輪男子50キロ競歩代表の残り1枠を争う最終選考会が行われ、17年ロンドン世陸代表の丸尾知司(29)=愛知製鋼=が3時間38分42秒で優勝した。

 レースは序盤、16年リオ五輪銅&17年ロンドン世陸銀の荒井広宙(32)=富士通=が1キロ4分30秒前後で刻んだが、12キロ付近から藤沢勇(ALSOK)がペースアップ。丸尾と19年ドーハ世陸代表の野田がつき、3人で先頭集団を形成した。

 トップ争いは丸尾と野田の2人に絞られ、中間点を日本新ペースとなる1時間48分16秒で通過。し烈な争いは荒井や18年アジア大会金の勝木ら実力者たちの追随を許さない。丸尾は一度は野田に引き離されたが40キロ地点で追いつくと、その後独歩。トップでフィニッシュした。

 期間内に派遣設定記録(3時間45分0秒)を満たした日本人最上位が、残り1枠となった代表権を獲得するレース。文字通りの一発勝負を丸尾が制し、最後の代表切符を得た。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請