東山紀之、「サンデーLIVE!」スタッフ5人が感染した問題を謝罪「深く反省」

テレビ朝日
テレビ朝日

 「少年隊」の東山紀之が11日、MCを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(午前5時50分)に生出演し、同番組のスタッフが飲食を伴う送別会に参加し新型コロナウイルスに感染した問題を謝罪した。

 東山は午前6時55分過ぎに「番組の途中ではありますが、ここでサンデーLIVEの番組スタッフ5人が新型コロナウイルスに感染したことについてご説明させていただきたいと思います」とコメントし、同局の野上慎平アナウンサーが説明した。

 感染したのは社員1人と社外スタッフ3人で、同社広報部によると、4人は3月28日の放送終了後、本社内のスタッフルームで、9人で行った送別会に参加。その後、スタッフ6人が近くの飲食店に移動して飲食を共にし、うち4人が4月2、3日に陽性であることが確認された。

 当初は感染者は4人と発表されていたが、この日の放送では、先週末のPCR検査で陰性だったスタッフ1人もその後、体調が悪くなり、再度検査を受けたところ今月7日に陽性と確認され、感染者はスタッフ5人だったことを明らかにした。

 東山は「番組スタッフの気の緩みからこのような状況を生んでしまったこと、大変申し訳なく思っております。私自身もさらに気を引き締めて、みなさまの信頼を取り戻せるよう番組として深く反省して、1日も早くコロナウイルス収束に向けて正確な情報をお届けしたいと思います。この度は本当に申し訳ありませんでした」と頭を深く下げ謝罪した。

 今回の問題で5日にテレビ朝日が「感染拡大防止を呼び掛ける立場ながら、社内ルールを無視し自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています」とコメントしていた。

 この問題で6日放送の同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)でコメンテーターで同局の玉川徹氏が「まず同じテレビ朝日の社員として、視聴者の皆さまに本当に申し訳なく思います。本当に申し訳ありません」と頭を下げ謝罪し、「同じ新型コロナの問題を伝える立場としても恥ずかしい、本当に恥ずかしいと思います」などと述べていた。

 さらに司会の羽鳥慎一アナウンサーは「(政治家の会食などの問題を)批判するからには、やはり(自分たちが)ちゃんとしていなければいけないわけで、これはちょっと理解不能ですね。ビックリしました」と話していた。

テレビ朝日
すべての写真を見る 1枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請