【C大阪】採点&寸評 1人少ない福岡に痛恨ドロー…途中出場でゴールの中島&加藤は高評価

C大阪の福岡戦先発布陣
C大阪の福岡戦先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ 第9節 C大阪 2―2 福岡(10日・ヤンマースタジアム長居)

 C大阪は退場者を出した福岡に痛恨ドロー。開幕から続いていたホームの連勝記録は4で止まった。濃厚接触疑いで前節の横浜FM戦(6日)はベンチ外だったクルピ監督(68)は福岡戦前日のPCR検査で陰性が確認されたが、クラブは「より慎重かつ最大限の安全面を考慮した」と、この日も指揮を執らせないことを決断。前節に続き小菊昭雄コーチ(45)が監督代行を務めた。試合は1点を追う後半、ともに途中出場のFW中島元彦(21)、FW加藤陸次樹(23)の2得点で一時逆転したが終了間際に同点弾を献上。小菊コーチは「私のマネージメント不足で勝てなかった。選手たちに申し訳ない」と自らを責めた。

 採点、寸評は以下の通り。

小菊昭雄コーチ【6・0】交代選手が活躍と采配は当たっていただけに残念

GK金鎮鉉【5・5】2失点ともシュートが良かった。責められない

DF松田陸【5・5】サイドで攻撃の起点に。終盤には奧埜へ好クロスも

DF西尾隆矢【5・5】瀬古不在で2試合連続で左CB。慣れない位置で奮闘

DF進藤亮佑【5・5】個人としてのプレーは悪くない。あとはチームでの結果

DF丸橋祐介【5・5】イージーミスもあったが加藤へのピンポイントクロスは流石

MF藤田直之【5・5】堅い守りに縦パスが中々通らずリズムを作れなかった

MF奧埜博亮【6・0】終盤のミドルはバー直撃。得点なら試合を決定づけた

MF西川潤【5・5】開始早々の股抜きからのシュートは沸かせたが…

MF清武弘嗣【5・5】自陣ゴール前に守備固めた相手を崩しきることができず

FW大久保嘉人【5・0】2試合ぶり復帰もシュート0本。見せ場なかった

FW豊川雄太【5・5】前半4分にネット揺らすも直前のプレーがオフサイド判定

FW中島元彦【6・5】後半17分IN。試合の流れ引き寄せる豪快ミドル

FW加藤陸次樹【6・5】後半28分IN。投入後3分で一時逆転弾。勝っていればMOM

FW松田力【5・5】後半28分IN。交代選手が結果残すなか後に続けなかった

※平均点は5・5~6・0

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請