【楽天】涌井秀章「信頼できる球が直球だけ」真っ向勝負で8回1失点…初ドローで首位守った

8回1失点の涌井秀章
8回1失点の涌井秀章

◆パ・リーグ 楽天1―1ソフトバンク(9日・楽天生命パーク)

 勝ち切れなかったものの、しのいで楽天が首位を守った。涌井が8回7安打1失点と粘り、今季初の引き分け。石井監督は昨季王者との今季初対決を終え「(相手は)守備力がいいチーム。こっちも無駄な得点は与えてなかったので、しっかりと守備はできた」とうなずいた。

 涌井VS石川の昨季最多勝対決。寒さが残る中でも要所を締めた。「信頼できる球が直球しかなかった」と最速145キロの直球を中心に押し込んだ。同点の7回2死三塁では牧原大に粘られながら、12球目のシンカーで投ゴロに封じた。開幕から3戦連続ハイクオリティースタート(7回以上自責2以内)で、指揮官は「言うことない。いい仕事をしてくれている」とねぎらった。

 打線はあと1本が出なかったが「投手に対してしっかりとコンタクトして、いろんなアプローチをできているので、継続してしっかりと明日やってほしい」と石井監督。前を向き、次戦へ歩を進める。(田中 哲)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請