【福本豊の眼】巨人・坂本勇人、復調示す「呼び込む打法」

1回1死、左中間へ先制のソロ本塁打を放つ坂本勇人
1回1死、左中間へ先制のソロ本塁打を放つ坂本勇人

◆JERAセ・リーグ 阪神0―3巨人(8日・甲子園)

 坂本は本塁打はもちろんだが、2打席目の中飛も打撃内容が非常に良かった。彼独特の、バットを後方に早く引いてタイミングを取り、自分のポイントまで呼び込む打法。上半身と下半身のバランスが合ったバッティングだった。3打席目の四球も良かった。一発を打っても強引にならず、ボール球に手を出さなかった。復調していると見てもいいだろう。

 3番から2番に打順が変わったのは気分転換と、復調の気配を感じたベンチが「少しでも多く打席に立たせよう」としたからではないか。「気分転換」がバッティングに与える影響は少なくない。私は現役時代、調子が悪くても1番から外されることはなかったから、調子が上がらないと焦りが出るし、チームが勝っても気分的につらかった。坂本はかつて多く経験した2番で、新鮮な気分で打席に立てたのだろう。坂本が完全復調すれば、現状では日替わりになりつつある1番起用もありうる。

 坂本と対照的に、岡本和の調子が上がって来ない。この試合でもボール球を振っていた。しかし、坂本の打順は変えられても「4番打者」は簡単には変えられない。岡本和は自分ではい上がるしかない。「4番打者」とはそういうものだ。(スポーツ報知評論家)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請