池江璃花子、50M自由形で復帰後ベストの24秒87 全体トップで決勝へ

レースを終えてタイムを確認する池江璃花子(代表撮影)
レースを終えてタイムを確認する池江璃花子(代表撮影)

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第7日(9日、東京アクアティクスセンター)

 女子50メートル自由形(派遣標準24秒46)準決勝では、今大会リレー2種目で五輪代表に内定している池江璃花子(20)=ルネサンス=が、24秒87の全体1位で10日の決勝へと進んだ。池江の白血病からの復帰後、この種目での復帰後ベストは2月のジャパンオープンでマークした24秒91だったが、準決勝で復帰後ベストを更新した。

 池江は4日の100メートルバタフライで優勝し、東京五輪の400メートルメドレーリレーのメンバーに内定。8日の100メートル自由形でも53秒98で3年ぶりの優勝を果たして2冠を達成、400メートルリレーでの五輪代表権を手に入れていた。

 今年の目標に掲げてきたのが「50メートル種目での王座奪還」。今大会は、50メートルの自由形とバタフライ(非五輪種目)が残っており、4冠にチャレンジする。最終日10日には、50メートルバタフライの予選、決勝、50メートル自由形の決勝と3本のレースを予定している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請