京都南山城・京都洛中合同、投打かみ合いチームワークの良さで4強入り!…第12回古都大会

初回に先制二塁打を放った京都南山城・京都洛中合同の高田
初回に先制二塁打を放った京都南山城・京都洛中合同の高田

◆第12回古都大会 ◇中学1年生の部 ▽準々決勝 京都南山城・京都洛中ボーイズ4ー0奈良北ボーイズ(3日・京都宇治ボーイズ専用球場)

 「第12回古都大会」は3日準々決勝が行われ、ホストチームの京都南山城・京都洛中合同ボーイズ(京都府支部)が4強入りを決めた。投打がかみ合い、合同チームとは思えないチームワークの良さで完封勝ちした。

 異なるユニホームの選手が、ひとつになった。京都南山城・京都洛中打線は、初回から躍動。まずは2死三塁から、4番・高田が「初打席は緊張したが、次に回そうと思った」と右越えへ先制二塁打。中川も右中間へ適時二塁打で続き、幸先よく2点を先制した。

 3回にも、もうワンプッシュ。1死から高島主将が左翼線二塁打で出塁すると、満塁の好機をつくり、橋口が押し出し四球を選び1点を追加。なおも1死満塁から、白井が「ダメ押しの1点が欲しかった」ときっちりと中犠飛を打ち上げた。

 投げては、先発・中川が「低めに制球する自分の投球ができた」と5回を2安打無失点。6回から2番手でマウンドに上がった高田は無安打で零封し、見事に完封リレーを完成した。

 2チーム合わせても登録メンバーはわずか10人。だが、高田が「運を持った不思議なチーム」と話す通り、1回戦は敗戦濃厚のなか、相手チームのアクシデントによる没収試合で勝利。2回戦も突破し、迎えた準々決勝も快勝した。運だけでなく、試合を重ねる度にチームワークも強固になっていく。高島も「絶対に優勝する!」と力強かった。

初回に先制二塁打を放った京都南山城・京都洛中合同の高田
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請