高橋由伸氏、藤川球児氏、G・G・佐藤氏ら登場 6球場で元五輪戦士が始球式…4・14「あと100日」

6球場で元五輪戦士が始球式…4・14。右から宮本慎也、高橋由伸、藤川球児、中畑清、松中信彦、G・G・佐藤
6球場で元五輪戦士が始球式…4・14。右から宮本慎也、高橋由伸、藤川球児、中畑清、松中信彦、G・G・佐藤

 東京五輪まで「あと100日」となる4月14日に行われるプロ野球公式戦6試合が「結束!侍ジャパンナイター」として開催されることが9日、NPBエンタープライズから発表された。

 野球日本代表「侍ジャパン」は東京五輪で、2008年北京以来3大会ぶりの五輪に臨む。正式競技となって以降では初の金メダル獲得を目指す稲葉ジャパンの応援機運を高めるため、「あと100日」となる4月14日、過去の五輪にゆかりのある面々が各球場で「レジェンド始球式」を行う。

 ヤクルト・DeNA戦(神宮)には04年アテネと08年北京で2大会連続主将を務めた宮本慎也氏、巨人・中日戦(東京ドーム)にはアテネ大会で中軸を担った高橋由伸氏、阪神・広島戦(甲子園)には北京大会に出場した藤川球児氏、楽天・ロッテ戦(楽天生命)にはアテネの監督代行を務めた中畑清氏、ソフトバンク・オリックス戦(ペイペイドーム)には96年アトランタ五輪で活躍した松中信彦氏が登場する。

 そして、西武・日本ハム戦(メットライフドーム)で始球式を行うレジェンドは、G・G・佐藤氏。北京大会では準決勝の韓国戦で2失策、米国との3位決定戦でも失策を犯した。五輪のプレッシャーを誰よりも知る男だけに、稲葉ジャパンへの“アドバイス”にも注目が集まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請