橋本聖子会長 五輪代表のワクチン優先接種を否定「まったくそういう話になっていない」

橋本聖子会長
橋本聖子会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が9日、都内で定例会見を行った。政府が東京五輪・パラリンピックに出場する日本代表選手を対象に、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を可能とする方向で検討に入ったとの報道について「現時点ではまったくそういう話になっていない」と否定した。

 「以前からIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長からは、この東京大会はワクチンを前提としない大会であると。安全、安心な大会ができるようにワクチンがなくてもコロナ対策を講じて万全の態勢でやっていくべきとお話しを頂いていた。その考え方は今もまったく変わっていない」と強調した。

 一方で「バッハ会長は安心安全を考えた上では、できるだけ多くのNOC(各国オリンピック委員会)と海外の選手団が、できるだけ多くワクチン接種をしていた方が望ましいと発言している。そういったことをふまえて、今後、IOC、IPC(国際パラリンピック委員会)の考え方というのを注視していかないといけない」と述べた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請