リトバルスキー氏「長谷部のような選手見つけ出したい」ウォルフスブルクが日本市場進出へ

オンラインで会見したリトバルスキー氏
オンラインで会見したリトバルスキー氏

 ドイツ1部ウォルフスブルクは8日、横浜を拠点とする日独フットボール・アカデミー(JGFA)とタレント・デベロプメント・公式パートナーとして提携することを発表した。

 ウォルフスブルクの公式アンバサダーで、現役時代に千葉などで活躍したピエール・リトバルスキー氏が9日までにオンラインで会見し、「長谷部誠選手のようなクオリティーを持った選手を見つけ出したい。我々の哲学をJGFAでも寄与していきたい」と語った。

 JGFAの選手にトレーニングメニューなどを共有するほか、ウォルフスブルクのコーチが定期的に日本を訪れて指導を行う予定。リトバルスキー氏も「私が日本に行って指導することもあるかと思う」と意気込んだ。ウォルフスブルクは、メキシコや中国などでも同様のパートナーシップを締結しており、日本市場にも今後進出し、取り組みを展開していく予定。リトバルスキー氏は「これまでは19、20歳ぐらいの選手が(獲得の)ターゲットと言われていたかもしれないが、注目されている12歳頃の選手を連れてきて、育てることも考えています」と明かした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請