【C大阪】前節ベンチ外のクルピ監督 10日福岡戦指揮は当日朝に判断

C大阪・クルピ監督 
C大阪・クルピ監督 

 C大阪のレヴィー・クルピ監督(68)が9日、前節の横浜FM戦に続き10日の福岡戦(ヤンマー)も不在となる可能性が出てきた。

 横浜FM戦当日の6日、クラブはトップチーム関係者1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表。クルピ監督は濃厚接触疑いとされ、ベンチ入りしなかった。同日中に濃厚接触者には該当しないとの連絡を保健所から受けていたが、クラブ広報はこの日「最大限の安全を担保するため、横浜FM戦後から選手との接触は避けている。本日のトレーニングも監督は参加していません」と説明した。

 指揮官がベンチ入りするかどうかは、この日の朝に選手・スタッフが受けたPCR検査の結果を踏まえて、チームドクターや専門家の意見を聞きながら10日朝に判断する見通し。同広報は「『絶対に安全だ』との回答を得られるまでは(試合に)エントリーしないと思います」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請